家の模型

屋根塗装には酸化チタン系の塗料を選ぶ

草むらの中の家

屋根塗装や外壁塗装と聞くと、塗料特有の有機溶剤の臭いを思い浮かべると思います。特に、化学物質に過敏な人は有機溶剤の影響を非常に受けやすいことが知られています。
一般的に壁紙や張り付けに使用する接着剤でハウスシック症候群が有名です。ハウスシック症候群は、化学物質過敏症の一種であり、屋根塗装をした際に発生する可能性もあります。しかし、屋根塗装に使用される金属物質の効果により、有機溶剤を分解することが可能です。
その金属物質は、光触媒である酸化チタンです。酸化チタンは光や紫外線により、有害物質を分解します。酸化チタンは、顔料の一部としても使用され、屋根の塗料にも使用されています。しかし、酸化チタン自体は白みがかった色となるため、顔料として使用した場合、色が白っぽくなります。黒い色に混ぜれば灰色に近い色になりますが、塗料に残留する有機溶剤の成分を速やかに分解してくれるため、化学物質に過敏な方は、酸化チタンが配合された塗料を選ぶことをオススメします。また、酸化チタン自体は屋根に付着した有害物質も分解するため、非常に有効な成分と考えます。屋根塗装で酸化チタン配合を選ぶことは、中長期的に考えた場合、非常にメリットがあるため屋根塗装を検討している方は参考対象としてください。

屋根塗装で雨漏り修繕

家に色を塗っている人

大雨の日に雨漏りで悩まれ方は少なくないと思います。大雨の際は都度、バケツや洗面器などで雨水を受…

TOP